エンジンは当たり前ですがエンジンをスタートとさせない限りは動きません。そのためにはエンジンキーを挿してエンジンを起動させる作業が必要でしたが、エンジンスターターを使用するとその動作をカットして自宅にいながらでもエンジンを掛ける事が出来ます。そのため冬場や夏場などの季節でも車内の温度を一定にさせてから運転することが出来るなどの利点があるのですが、実際にエンジンスターターを購入する段になった時双方向と単方向のどちらかのタイプを洗濯する事になるかと思います。果たしてこの二つのタイプにはどのような違いがあるのでしょうか。

 
エンジンスターターの双方向と単方向の違いは電波の受け取り方の違いにあります。例えば単方向はエンジンスターターを起動させるためのリモコンから電波を送信することしか出来ませんが、双方向の場合はリモコン側も電波を受信することが出来るようになっており、エンジンが起動したらエンジンスターター側から電波を発してエンジンが掛かったことを知らせることが出来ます。更に商品によっては車内温度などを表示するシステムも装備されているので、快適な状態になったことを確認してから悠々と運転を開始することも可能となっています。