エンジンスターターは、皆さん知っての通り遠くからエンジンなどを付けることができるものですね。これがあることで、ある程度乗る前に自動車を動かせます。しかし、これには問題があります。それが盗難問題でしょう。これがあるのでエンジンスターターを使う場合はよく考えて使うようにしてくださいね。
エンジンスターターでエンジンを動かすと自ずと自動車が動かせる状態になるでしょう。その時に盗難に遭うとそのまま自動車を持っていかれることがあります。だから、エンジンスターターを使用する場合はしっかりと自分の目の届くところで使うようにしてください。また、エンジンスターター自体を盗まれることもあるでしょう。その状態でも盗まれることがありますので注意してください。それで、盗難以外にもエンジンスターターを使うことで、搭乗者が勝手に操作をするということがあります。例えば、中に赤ちゃんを乗せたままにしてエンジンスターターでエンジンをかけるとしますね。

 

その後赤ちゃんにより、自動車が動くような状態になってしまうととても危険な状態になりますのでその点も注意をしてください。だから、エンジンスターターの長距離使用はよく考えて使用するようにしましょう。